【FGO】Episode0 見てグっときちゃったので石が飛んでいきました

 

カルデアパークで先行配信されてたやつかな?ゲーム内で見る事ができるのでありがたいです。


 


容量が262MBあるので、wifi環境下のが良さそうですね。

 

Episode0 を見たんですが

バビロニアは当然のように涙腺やられるって分かってるのに、放送開始前からダメージ負わせてくるのって・・・

ありがとうございます!! これだけでもお腹いっぱいになれる。

 

第1部を踏襲した前日譚

そのまま、2016の年末に放映されたアニメFGOに繋がる内容でした。第1部やっている方はご存知かと思われますが、マシュがどういった存在なのか、また彼女にも物語にも深く関わる、ロマニ・アーキマンの二人にスポットを当てたお話。

これを見て、第1部を振り返って改めて思ったんですが、ロマンとダヴィンチちゃんて、マシュと藤丸(くん / ちゃん)の両親みたいな存在だよなぁと。

ロマンとダヴィンチちゃんの中の人の影響もあってそう思うんでしょうし、ダヴィンチちゃんは母なの?って疑問符ついたりしちゃうんですけど、主人公二人を全力でサポートしつつ見守ってくれている、若しくはそうせざるを得ない立ち位置だと思います。第2部でのアドバイザーポジのホームズと比べると、ロマンはやはり父親感が強いんじゃないかと思っちゃいます。

 

劇中でレフ教授が、マシュは無垢に善良に育てられたデザイナーベビーと語っています。しかし、彼女の善良さはそう育てられたからではなく、素の彼女自身が善良であったがために、宿った英霊が怒りを示し、また協力を拒否したのだろう事が伺えます。

デザイナーベビーとして作られ育った、知識を体感や経験として得るのでなく情報として与えられた物としているマシュは、ロジカルでありながら感情に乏しく幼い印象がありました。

第1部の旅を経て、マシュのそう育てられたからではない本来の善良さの発露、城の顕現を目にした時のロマンの表情は、まさかといった驚いた顔つきでしたが、「あ、ここで決意しちゃったよなぁ」と思ってしまいました。それが「悲しい」のではなく、「寂しい」と感じてしまいます。

バビロニアの、第1部の結末を知っているとどうしても、主人公二人とそれを見守り続けるロマンとダヴィンチちゃんの関係性には思いを馳せてしまいます。

 

またデミ・サーヴァントであるマシュは、他の英霊と違って「成長しながら今を生きてる英雄」みたいな状態ですので、既に生涯を終えている、英雄としての物語は完結している、座に還る存在達とは違って、まだまだ伸びしろがあるのだと思います。

第2部では、そんなマシュがさらに成長を遂げて、再び『ロード・カルデアス』を見せてくれたらいいなぁ~とか妄想しちゃいます。

 

 

そんな感傷にひたりつつ

強化大成功3倍期間じゃ~んと、エサ用のLv50礼装作っとくかぁ~と、ついでに新フレポ鯖宝具重ねるべぇ~とポチポチしていたら、どうも極大成功が3連続したじゃないですか!

ガチャには様ざまな宗派がありますが、どれも一通りやる自分としては、大成功教の教えにもあやってみるわけです。

 

来てくれたぜ!!  夏イベ用の石がすこ~しばかり飛んでいきましたが……。

ここは『特別再臨』の使い処だろうとサクっとやりまして、さっそく連れて遊びにいったわけです。なんかもうさすがと言うか、とんでもないですね!!

 

こんな宝具で

 

こんなスキルでしたので、宝物庫をシステム周回できるんでね?とやってみると、まぁすごい。

サモさんシステムの流用で結構簡単にできたのですが、3回宝具撃つ間にAチェイン組めると、3wave目終わる頃には他の2騎のNPも100貯まってるとかでした(´・ω・`)

NP撒けて宝具でチャージできるんで、自前でNPチャージスキル持ってるライダーいれば、カレスコなくても楽々な周回できそうです。ダヴィンチちゃんさすがだぜ!

 

で、まぁ

こうやってサポに並べておきたいですよね。同じ事されてる方を多く見かけます。

スキル強化でQP飛んでったので、しばらくはロリンチちゃんで宝物庫周回だ!!

 

後、新フレポ鯖を重ねていて気が付いたんですが、ファントムさん宝具1のままだった……。

何年も宝具5にしないままでごめんね。