【FGO】2話みたのですが アナちゃんでもう割と涙腺がヤバイです【アニメ】

第2話ごちそうさまです!!

シーン毎に情報量多すぎて、一度見ただけでは処理しきれませんね・・・

 

エルキドゥに案内されてウルクへ向かってたのですが、胡散臭いお兄さん出てから「おやおや~?」ってなりましたね。

待望の「シスベシ フォーウ!」でほっぺに肉球の跡がついてるこの胡散臭いお兄さんですが、アーサー王伝説に出てくるマーリンです。

劇中で『キングメーカー』と言われてましたが、『ろくでなし』なんて言われ方もしていました。当代きっての仕掛人な訳ですが、トラブルメーカーとも映るので肉球パンチを喰らってしまうようです。フォウさんの中の人はアルトリアの声帯の人ですので、そうして見るとこのシーンも色々オモシロイですね!

 

劇中で説明されていましたが、胡散臭いとはいえグランド級の魔術師。

エルキドゥに「おやおや~?」っとなり、何やら考え込むそぶりで歩いて見せてましたが、さすがと言うか何と云うか。

 

もうこの時点で華びら蒔いてありましたね。曲者喰わせ者、花の魔術師さすがだぜ!

 

カルデアからやってきた二人の事情を知りつつ、案内してくれていたエルキドゥの「いい人」は偽りだったらしく戦闘になるのですが、

アナちゃんが、ちっこかわいい!

強いぞアナちゃん!!頑張れアナちゃん!!!

相変わらず戦闘シーンに迫力あるのですが、なんでしょうね?

マシュとイシュタルとアナちゃんの、骨盤のサイズ感の違いに熱い拘りを感じる!

 

そんなアナちゃんですが、『はぐれサーヴァント』です。

FGOユーザー間ではお馴染みなのですが、マスターによって召喚されてる訳ではなくて、特異点にある聖杯が、歴史を歪めてしまっている状態へのある種の反作用的に召喚した結果顕現しています。後々彼女が来た訳もわかってくると思います。

 

アナちゃんの描写が多くて嬉しいです!!

握手を求められて断るシーン。これ藤丸くん若干屈んでるのに手がこの位置ですわ、このサイズですわ。アナちゃんちっこカワイイですわぁ~!!

握手に応じたものの、その概念がなくて手を握り返しはしなかったエルキドゥとの対比になってます。『握手』が友好の証であるのを知っているからこそですよね。

少し驚いたような、意外な者を見たような、若干無防備な表情……カワイイ。

この辺りの心の機微が見て取れるシーンがあって嬉しいです、ごちそうさまですホントに。

 

そんでウルクの門番さんですわ

強固な戦線で半年も魔獣の侵攻を食い止め、この城塞都市を治めるギルガメッシュが門番にしている方ですわ。

多くの難民に対応し続けてきているのでしょう、言葉の端々に人格者である事と、戦うための高い士気を持ち合わせている事、そして。

 

アナちゃんも英霊なんですが、ちっこいせいで幼いと観て取ったのかもしれません。戦時下ですので食料や物資は限られてくるはずなのに、それを分け与える事を自然とできてしまうこの人が、個人的に大好きです。

 

大事そうに受け取ったアナちゃんに……、

 

この笑顔ですわああああああああああああああああああ!!

 

もう大分お腹いっぱいなのに

ギルガメッシュ登場しましたね!

金ピカに見慣れていると「アレ?」ってやっぱり思います。戦線を支える王としての治世が発揮されているシーンがありましたが、金ピカのギル様ではよく聞いた「雑種」ってセリフはどこへやら、指示する台詞の中にキチンと固有名詞が含まれていました。

雑種でも有象無象でもない、自ら治める国の民達に対する挑み方。早くもギル様の本気度が伺えます。

そんなギルガメッシュの瞳のアップがあり、「忙しい」「時間も惜しい」と、カルデアからの来訪者の二人は戦いで真偽・真義を問われる事になります。

そんなギルガメッシュに溜息をついたこの方。

ついこの前ゲームの方のイベントで登場してくれて嬉しかった、シドゥリさん。麗しい・・・

「またか」って感じの溜息でしたんで、ギルガメッシュとの付き合いもある程度存在しているのが伺い知れます。それだけ有能な方なのでしょうね!溜息だけでそれが分かってくるんだから、色々密度の濃いシーンでした。

第2話もあっという間に時間が過ぎてました。次が待ち遠しいです!