【FGO】10話みたのですが 真っ向勝負になるそうです【アニメ】

まんまと買収されたイシュタルを連れて帰った一行ですが、やけにテンション高いギル様に報告していました。

ギル様に煽られて

こんな顔しちゃうイシュタルさんが可愛かった訳ですが!

ガミガミとやり合うギル様とイシュタルを仲裁できちゃうシドゥリさんが実は最強なんでは?と思えなくもありません。

 

対ティアマト最大の秘策 マルドゥークの手斧

それがエリドゥに保管されてるとの事で、そこらを縄張りにしている密林の女神、イシュタルからの情報で判明したケツァルコアトルをどうにかしないとなりません。って対策練ろうとしてた所に!

そのケツァルコアトルさんがウルクの南門ぶち破って直接やってきましたよ。ダイブされたい、いやちんじゃうけども。

ケツァルコアトルさんはアステカの大神、豊穣などを司る原初神であり獰猛な戦いの神だそうです。「翼ある蛇・太陽の鳳」ロマンが主神クラスとも言っていましたが、古い世界の破滅後、新しい世界に太陽を導く明星の神でもあるようです。人身御供をやめさせた善性の高い神らしいのですが、バビロニアに登場するケツァルコアトルさんは、ウルの街で生贄を要求してたりと何やら矛盾が見られますね。人類に火を齎した文明の神でもあるようなので、蛇が人に知恵を授けるという他の神話との不思議な共通点もあります。

駆けつけた一行と対峙したんですが、「年下のカワイイ男の子」の藤丸くんがお気に召した様子。神様って物申してくる若いエネルギッシュな人間好きなんですかね? ギル様もそんな傾向があると思います。藤丸くんと婚姻できるなら味方になっても良いとかぶっとんだ事言い出したんですが、これ実は「心臓を捧げろ」って事らしいです。おっかねぇよ神様・・・。

故合って人類滅ぼすぜ~と。やり方は自由だから、直接自分で人間一人一人と戦いながらウルク滅ぼしちゃうぜ~と。でもその試合は一日100人までって決めてるそうで。

明日日が昇ったらまた来ると、翼竜に乗ってさっそうとお帰りになられました。

このタイミングで直接やってきたのは、魔獣の女神に呼応しての事なんですかね?

 

少数で乗り込んで 神殿の象徴を破壊

文化圏のまったく違うバビロニアの地でケツァルコアトルが力を発揮するには、その力の源となっている神殿が必要だろうとロマンが分析してくれます。なもんで、その神殿を破壊して神格を引き下げる事ができれば、主神クラスの権能、本気出せばティアマト以上に成り得るケツァルコアトルにも勝機が見いだせるかもしれないそうです。

やっぱりテンション高いギル様が、ノリノリで王命を下してます。

女神討伐そのⅡですって! マルドゥークの斧も回収せよとの事。

 

ウルの南 エリドゥ市へ向かう一行

ケツァルコアトルが人類に敵対する理由に、藤丸くんはなんだか思う所がありそうです。

 

夜営中、見張り番しながら考え込む藤丸くんの所へ、

 

キタキタ!待ってました、うっかり女神様!!

 

またクシャミしてました、持ちネタって言って良いと思います。

何かもうイシュタルと違う存在なのが丸見えになってるんですが、前回藤丸くんとお話できてすっかり油断してるんでしょうね。本人はバレてないつもりなのが可愛らしいです。自分の身の上なんかも話してくれちゃったりして、ナイスな応対だったよ藤丸くん。ありがとう!

ケツァルコアトルは善性の極地にいる存在なので、善では倒せないとアドバイスをくれてました。

こんな顔してたんですけどね。善性とは・・・?

 

ウルを南下するので

以前ウルへ調査に行った時と同じく、密林地帯のままです。

ジャガーマンが縄張りにしているんですが、

一行の皆さん華麗にスルー。

 

「いいのでしょうか・・・?」って感じに気にしているマシュがカワイイ。

 

シカト喰らって泣いてる、一応神様のジャガーマン。戦闘になるかと思ったんですが、

 

メンドクサそうなイシュタルから一撃お見舞いされてました。結構痛かったみたいです。

 

 

ジャガーマンもはぐれサーヴァント!

ククルん。ケツァルコアトルの別名がククルカンなので、そのくされ縁で召喚されてたジャガーマン。マスターいないと魔力不足で存在が消えてしまうので、そのククルんのおこぼれに預かっていたそうです。マーリンに「要するにタカりか!」とか言われちゃってます。

その胡散臭いお兄さんにけしかけられた藤丸くん。

「艶やかな毛並み、つぶらな瞳」

例えがおかしな事になってますが、前回から演技派な藤丸くん。

 

「あまりにも!……美しい」

 

この神様もチョロ過ぎでした。依代の人的にも年下に世話焼きたくなるタイプっぽいです。

 

「今日から藤丸さんのお世話になるっス!」

イシュタルに比べて格安で手の平返したジャガーマンに、

 

「マスターの正式サーヴァント、マシュ・キリエライトです」

うむうむ。イロモノばっかりだし、アピール大事よね!!

 

一方アナちゃん。

不服そうです、「コロスコロスコロスコロス」って呟いてました。前に戦った時、ギャグ調なのに一方的にやられて悔しいみたい。

 

いよいよエリドゥ神殿へ

ウルクを襲ったケツァルコアトルにぶちのめされて攫われた兵士の皆さん、無事に生きてました。

亡くなったと思われたのですが、ジャガーマン曰く、ケツァルコアトルは即死級の一撃与えた瞬間、即死級のリバイブを掛けているそうです。来たるべき時のための兵士にするべく、人を攫って閉じ込めているらしい。

何でそんな事をしているのか、その辺りに思う所がある様子の藤丸くん。

話し合える余地があると、力強く言ってくれます。

かな~り脳筋な女神相手に真っ向勝負、どうなるか次回が楽しみ・・・っていうか見物ですね!