【FGO】アニメ始まったのでお財布の中身が淋しくなりました【ギル祭2019お疲れ様です】

この羊・・・、いえ神様なんスけど・・・。

すんげーカッコイイボイスでして、耳にスっと馴染む綺麗なお声なんです。でもこのドゥムジ、いつもそれっぽい事カッコ良さ気に言う割に、どれをとっても中身が全く無いっていう!!

えんどれぇs ばろぅ…… が耳について離れない!!

 

 

シドゥリさんありがとう、でももうゲームではお話できないのね。

ドゥムジはイラナイので、シドゥリさんだけマイルームに招待したい。

 

ボックス100箱ほど回しましたので

色々消化した上で、まだ保管庫が種火でホクホクしています。

 

この機会に聖杯をあげた子

前々から考えていたリップに渡しました。

扱い慣れてるA系鯖ではないのですが、耐久向き+アルターエゴの全体B宝具。条件次第では火力も出るのと、何よりも…

こんな風に揃えたいってのもあってのチョイスでした。(本人たちは嫌がるかもですが)

ちなみにウチのカルデアではLv100にして良いのはネロちゃま達だけですので、聖杯あげても他の鯖はLv90止まりです。

 

スキル10にしたサーヴァント

沖田さーんスキルマになりました!

スキルLv上げるのにどうしてもQPが悩みどころでして、ボックスイベの時でもないと二の足を踏んでしまってました。

星をジャラジャラだしてドッカンドッカン倒してくれる沖田さんは、戦闘に爽快感があります。

ジャックちゃんやメルトと並べて戦うと、「Qカード以外いらねぇ!」って感じで遊べるのも好きです。

羽織姿もカッコイイのですが、桜セイバーの印象があるせいか再臨絵はこれにしています。

 

 

続いて武蔵ちゃん(狂)

英雄の証をモリモリ食べるので、「ボックスに入ってる今しかねぇ!」とばかりにスキルマにしました。

狂鯖なのにA多めでして、耐久編成慣れしている自分としては、嫁ネロちゃまや玉藻ちゃんとも相性が良かったので思い切れました。

そのままシステム周回もできるので、今後レギュラーになってくれそうです。

超高難易度では、セイバー武蔵ちゃんも併せて対ローマ戦の3ターン攻略など活躍していたようで、もちっと早くに育成できてればなぁと思ったり。

 

皆はもっと沢山ボックス回したんでしょうか? ともあれ・・・

ギル祭2019 お疲れ様でした!!

 

 

アニメFGO 絶対魔獣戦線バビロニア 放送開始!!

待ってたあああああああああああ!!

石30個もくれんの!?って思いましたが、イシュタルピックアップで即消えてなくなると言うね・・・。

 

 

1話を視聴してみて

Episode0見た段階でもう既に涙腺あたりはガバガバですので、いつでもダバーってなる事請け合いな感じしてます。そこからの第1話でしたが、ワクワク感がハンパなくて「第2話はよっ!」ってなるほど、あっと言う間に見終わってしまいました。

劇中にありましたが、レイシフト(タイムトラベル的な)先は西暦以前、神代最後の時代、ギルガメシュ叙事詩の世界です。西暦を倍遡ってまだ数百年古い時代です。綺麗な背景描写でしたが、現代人類にあの世界は「綺麗すぎて毒になりそうだなぁ」なんて思ったりしていました。

レイシフト前、マシュがドクターに何やら意味深に話かけていましたが、Episode0見てると「あっ…」ってなりますね。そのマシュですが、Episode0ではあんなに希薄・純粋過ぎて脆いイメージだったのに、さっそくのトラブルに宝具展開で対応する力強さを見せてくれてました。彼女の変化で特に大きいエピソードはやはり6章だと思いますが、そのお話は劇場版で予定されていますので、そちらも是非見たい所です。

予定されていたレイシフト地点から弾かれて、落下した上にさっそく魔獣に出くわすって散々な目にあってますが、藤丸くんとマシュにとっては「いつもの」レベルなので、あんまり危機的な感じはしませんでしたね。藤丸くんってああ見えて、アメリカ大陸を踏破しているタフガイですし、マスターになった経緯が経緯ですので肝が据わってるのですが、たぶんもう色々と壊れてしまっていそうです。エドモンは人類史を守れなかった未来、別世界線の藤丸くん説。

迫力ある戦闘シーンもありました・・・が、「尻」って印象は自分もありました!!

それでも、マシュが盾抱えて走るあの重量感ですとか、マスター藤丸のマシュへの支援対応の早さですとか、場数踏んできている様子が見て取れて、魔獣のやられっぷりのグロさ加減も、「あ、今後やばそうだな」って思わされました。ゲームの方でシナリオ自体を知っていると、件のシーンやら何やらで胸が詰まる思いをしそうです。

と言うのも、藤丸くんをクッションにしていた遠坂凛っぽい、クレジットに名前出てましたがイシュタルさんのセリフで、「この程度で手こずるようなら、人理修復は夢のまた夢」ってありまして、あれ別に逃げ口上でもカッコつけでも何でもなくて、紛れもない事実であるのと、『ウルク民は既に毎日やっている』っていうマジもんの『その程度』なので、凄惨な光景もしっかり描写して来そうだなって分かると、早くも身構えてしまいます。

そのスケールが1話の終わり、タイトルを示すかのような『絶対魔獣戦線』が現われたのですが、そこへ二人を案内した『エルキドゥ』。知っている方は既に、彼?に対しても「凄いな」って思ったみたいです。「人類最古のねんどろいど」ってコメントに吹きました。秀逸だと思います。

戦うシーンで、鎖を使っているのがよく見て取れたと思いますが、通称【ずっ友チェーン】のアレです。Fate別作品で、ヘラクレスやイスカンダルのトドメの一手ともなってた『天の鎖』ですので、勿論ギルとの関わりが描写されてくるはずです。

そのギル。ギルガメッシュですが、このお話では主人公とも言えます。

半神であり人類最古の王である彼は、最も高貴な存在であるのと、未来を見通す千里眼持ちである事も相まって、王として頂から見下ろす物の見方、その視点の基本は『現在にはない』って感じですので、これまでの作品では傲慢に映っていたかもしれません。しかしこのお話では、旅から戻った賢王と呼ばれた彼のある種の本気、神代最後の王と言う頂にいるだけは居られなくなった、民と共に神に挑む姿が見られると思います。

アニメ最終回の頃には、またウルク民が増産されているだろうと思います。

この他にも、マシュに強く影響を与える御方のエピソードですとか、花の髪飾り、絶望にさらなる追い打ちのかかるエピソード、イシュタルと言えば・・・と、どこまで描写されるか分かりませんが、気になる物語てんこ盛りです。

早く見たい!って気持ちと、回が進むごとに終わりを迎えるっていう気の早い寂しさを感じつつ、アニメFGO-絶対魔獣戦線バビロニアを楽しみたいと思います。

 

って感慨深げな所でピックアップしてましたので

引くしかなかったよ、ちくしょおおおおおおおおおおお!!

種火も素材もQPも、おまけに諭吉も喰い散らかしててくれやがりましたよ!!!

依代の人の補正掛かっても扱い辛い、ってのがスキルにも表れてるの好きです。

やっぱり並べてみたい二人(本人たちは嫌がるかもしれませんが)

 

ガチャの えんどれぇs ばろう