【艦これ】2021春 E-5-2甲 編成メモ【激突!ルンガ沖夜戦】

第二艦隊 12隻の水上打撃部隊で、

L(潜水) → M(空襲)Q(分岐) → U1(敵連合) → V2(泊地修理可)V(ボス:戦艦新棲姫ー壊)

※後でギミックで使用しますので、各札の編成はプリセット推奨

 

E-5-2甲 編成E-5-2甲 基地航空ゲージ破壊の様子

第二艦隊

 E-4に続いてコロちゃんにお願いしようかとも考えたのですが、『陸っちゃんが特効もらえる機会はそう多くないかもしれない』と思い至って旗艦にしてます。大和にも特効があるとの事ですが、削り中は長門でイケルだろうとやってたらこのまま割れてます。米戦艦の特効火力が頼りにできます。空襲用にAtlanta、制空要員+ルート制御用に秋津州。泊地修理は使わなくてもやれると思います。

 最終編成になるとダイソンが取り巻きに現れ、ナⅡの害獣が先制雷撃してきます。基地航空も出撃に出せるのが1部隊のため、E-4に続いて甲標的を盛った編成でやっています。コンセプトは『砲戦前までにナ級を潰せるチャンスをどれだけ作れるか』です。これまでも長門型やネルソン等の特殊砲撃前提での攻略は、ただでさえ初っ端で特殊砲撃してくれるか否かの運に左右されがちであるのに、ナⅡの害獣雷撃でそれも潰されて開始早々からお通夜砲戦に挑まされる…ってのを嫌ってほど経験してます。そのため最終海域という事もあり、「どうしても試行回数が嵩張る場面が出るだろう」と、道中戦の安定も考慮に入れて到達率を上げ、回数を踏む前提の上でこの第二艦隊の編成になってます。

 夜戦での特効火力は白露と時雨だけになりますが、火力キャップ上方修正後の雷巡の魚雷CIは、『特効火力には劣るものの信頼できそうだ』という手応えの下、この編成で押し切っています。運の低い大井っちも魚雷CI仕様ですが、これは先制雷撃の威力に比重を置いているためと、『夜戦でもし魚雷CI発動すればワンチャン狙える』ある種のラッキーなイレギュラー要素として考えてます。

 

 道中支援は対潜支援をチョイスしてます

対潜値の優秀な航空機にボーナス補正持ちの艦、

こんなスカイママやアークロイヤル・づほちゃん等を混ぜておくと、道中でも駆逐1匹くらいは落としてくれるのでオススメかも

 

★65戦隊に銀河混ぜてます。銀河なら帯なしでもナ級ワンチャン…、ってなどんぶり勘定です。

★先制雷撃を盛ってたため、道中戦にほぼ不安が無かったので比較的ストレスなくやれました。割りは大和の投入を考えていましたが、陸奥&長門のコンビでダイソンに特殊砲撃が刺さった時のダメージを確認しておこうと何度かやってたら割れています。これは上振れ気味の展開で、第一艦隊が申し分ない働きしてくれたおかげです。

 

この後は、スタート地点前進ギミック → Zマス(E-5-3)出現ギミック

【艦これ】2021春 E-5甲:スタート地点前進+Zマス(E-5-3)出現 ギミック【激突!ルンガ沖夜戦】

6月 2, 2021

ものっそいメンドクチャイ…